泡たてネットでの泡のたて方が大事なんです。

フワフワの泡をしっかり作りましょう。

肌を傷つけずにやさしく洗いましょう。